航空英語能力証明を勉強するにあたって参考になるICAO公式の資料をまとめた

航空英語能力証明に関する日本語の情報は驚くほど少ないです。受験する人が少ないからしょうがないですね。

関連する日本語の本も知る所では二冊しかありません(パイロットのためのICAO航空英語能力試験教本パイロットのためのICAO航空英語能力試験ワークブック)。

そもそも、航空英語能力証明の勉強をするにあたって日本語で情報を集めようとするから大変になる訳。航空英語能力証明の全てはICAOが決めた「ルール」に従って構成されているのだからICAOが公表する資料を確認する方が良いです。

私も航空英語能力証明の勉強をするにあたって情報収集するのが大変でした。そんなわけで今回の記事ではICAOが公表する最も「公式」かつ「正確な」資料をまとめてみることにしました。

航空英語能力証明に関する情報を求めて、このページに辿り着く人が多くなることを祈って、「航空英語能力証明とは〜」とかの説明は割愛することにしましたので、ご了承お願い致します。

航空英語能力証明に必要な「能力」は?

これをシッカリと抑えておくが最も大事です。

「おし!航空英語能力証明に向けて勉強するぞ!うぉおー!」とガムシャラに始めるのも一つのやり方かも知れませんが、私はやりません。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」とは良く言ったもので、何をするべきか分かっていないのに何かを始めるのは結構大変なんです。

まずは「レベル毎にどんな能力が求められるか」を明確にすることから始めます。

それぞれのレベルに必要な能力は“ICAO DOC9835 Manual On The Implementation Of ICAO Language Proficiency Requirements”という資料のChapter4にまとめられていますからシッカリと理解しましょう。

一冊丸ごとシッカリ読んでみても良いかも知れませんが、私はChapter4以外は流し読みした程度です。

ちなみに、日本語でも国土交通省が「航空英語能力証明実地試験基準」という形で資料を公表していますが、ICAOの資料の後に見ると情報が減っているように感じます・・・。不要な心配ですが、大丈夫なのか。

「航空英語能力証明実地試験基準」は当然、「根拠」になりうる資料ですが、その「根拠」もICAOの公表する資料からきているものなので、やっぱりICAOの資料をチェックしておいた方が良いかと思います。

ICAO Standard Phraseologies

上の資料を読み進めると”ICAO Standard Phraseologies”に沿っていることという要件が出てきます。

“ICAO Standard Phraseologies”がまとまっているのが、“ICAO DOC9432 Manual Radiotelephony”“ICAO Doc4444 Air Traffic Management”という資料のChapter12。

前者は読んでいても退屈だったので、そんなに目を通していません。それよりも後者のChapter12の方がコンパクトにまとまっている気がしたのでコッチに目を通しました。

「今更なぁ」と感じる方も多いと思いますが、発見は必ずあります。

まとめ

アメリカでシッカリ訓練したお陰で英語の資料を読むのが全く苦ではなくなりました。

むしろ参照が繰り返される(航空法→施行規則→告示、通達→事務処理要領、、、)日本語よりも英語の資料の方が読むのが楽だし、楽しいと感じます。

現在はレベル4ですが、レベル5以上を取得したら「僕が航空英語能力証明でレベル~を取得するまでにやったこと」みたいな感じで、記事を書きます!

Have a good flight!