ICAOコードの法則とIATAコード

皆大好き、空港。いろんな人が居ますよね。家族を置いて辺境の地へ旅立つ人。家族の元へ戻る人。新天地を求める人、旅行に行く人。

一箇所にこれだけの色々な感情が渦巻いている場所はそう多くはないかと思います。

そんな空港。一つ一つに空港コードが存在します。NRTとかRJAAとかそんなやつです。前者がIATAコード、後者がICAOコードと呼ばれるものです。

で、このICAO空港コードには中々に面白い法則があります。
※ 覚え方くらいに見ておいてください。

  • 日本の空港は’RJ’か’RO’から始まる
  • 巨大な空港(玄関、ハブ)ほど3文字目の alphabetがAに近く、4文字目も同じalphabetが使用される
    e.g) RJAA=成田空港(日本の玄関),RJBB=関西国際空港(西日本の玄関),RJCC=新千歳空港(北の玄関)
  • 巨大な空港をハブとする空港は3文字目がハブとなる空港と同じalphabetで4文字目が地名等になる(玄関となる空港のコードが三文字目に)
    e.g) RJCK=釧路(新千歳から行ける), RJCM=女満別(〃),,,,