技能証明の停止・取り消し事例から「機長になる」ことの意味を考える

航空機のパイロットを目指す人であれば、必ず目指すことになるのが「機長」。様々な事業を行うパイロットがいますが「機長」を目指し、維持することを目指すのはどんな事業を行うパイロットも同じではないでしょうか。

漠然と機長になりたいと思っている方もいれば、どういう機長になりたいと思っている方もいるはずです。

今回の記事では、航空従事者技能証明の停止、取り消しの具体事例から「機長になる」ことの意味について考えてみます。

航空従事者技能証明の停止、取り消しは、どのような時に行われるか

航空法30条(技能証明の取消等)には以下のようにあります。

国土交通大臣は、航空従事者が左の各号の一に該当するときは、その技能証明を取り消し、又は一年以内の期間を定めて航空業務の停止を命ずることができる。
一 この法律又はこの法律に基く処分に違反したとき。
二 航空従事者としての職務を行うに当り、非行又は重大な過失があつたとき。
ま、「そりゃそうだよね」という、何か書いてあるようで書いてないような内容ですね。
法律には、このように抽象的すぎて良く考えると何も書いてないのと同じような当然のことが結構書いてあります。でも、抜けがあると困るので、それが大事だったりします。

航空従事者技能証明の停止、取り消しの具体事例

実際の具体例は国土交通省の航空従事者等に関する行政処分についてという資料にまとめられています。表の一部を引用したのが下記です。

行政処分の内容具体的過去事例
資格停止 10 日滑走路をオーバーランした。(定期運送用操縦士) 、未供用の滑走路に着陸した。(定期運送用操縦士・事業用操縦士)
資格停止 1 年複数の法令違反(航空身体検査証明の不適切な取得、航空機の運用限界を超える運航)を伴う運航で航 空事故を発生させた。(自家用操縦士)
資格取り消し複数の者に対し、操縦教員の地位を利用し虚偽の操縦訓練の飛行時間の証明を行った。(操縦教員)

あくまで一部の具体例で、詳細も掲載されていないので、上記の資料だけから考えるのは難しいですが、これをどう思いますか?

厳しい?ゆるい?

その辺りの考察を次にしてみましょう。

「機長になる」ことの意味

さて、厳しいと思うかゆるいと思うかは分かれる所です。

前表で挙げた「滑走路をオーバーランした。(定期運送用操縦士)=資格停止10日」について考察してみましょう。

これだけ見ると「定期運送用操縦士の資格を有するパイロットが滑走路をオーバーランしたから資格停止10日の措置を受けた」と考えるのが普通です。

が、ご存知の通り、機長は読んで字の如く機長ですので、航行の全責任を持ちます。

つまり、ですよ。

この例のパイロットが、仮に二人乗りの飛行機に乗務していたとして(A320としましょう)、着陸を副操縦士にやらせた結果、オーバーランが発生し、結果、資格停止10日でも前表と同じ表現になる確率が高いという訳です。

日本語は難しいです。

前者の場合でも後者の場合でも、厳しいとかゆるいとかで簡単に表現することに意味はありません。重要なのは機長が全責任を持つということです。

他人(副操縦士)の失敗で何かが発生しても責任は機長なんです。

当然といえば当然ですが、やはり責任の重さが全く違いますね。ですから、副操縦士の内に(責任が無い内に)やれるだけの沢山の経験を自分でしておくというのが大事になってくるそうです。

他人の褌で相撲を取れる最後の機会にして、最も大事な期間であるとかないとか、先輩の副操縦士の方が仰っていました。

航空従事者技能証明の取り消しを受けた場合、再取得出来るか?

さて、話題は少し変わり。仮に取り消しを受けた場合、再取得出来るのかという問題です。技能証明が取り消しを受けた所で飛行経験は無くなりませんからね。

航空法27条(欠格事由等)には以下のようにあります。

第三十条の規定により技能証明の取消しを受け、その取消しの日から二年を経過しない者は、技能証明の申請をすることができない。
2 国土交通大臣は、第二十九条第一項の試験に関し、不正の行為があつた者について、二年以内の期間に限り技能証明の申請を受理しないことができる。
一度航空従事者技能証明の取り消しを受けてから再度取得した例については見つけられませんでしたが、あくまで「申請をすることが出来ない」となっているのがポイントですね。
申請した結果、受理するかどうかは分からないし、試験を受けれるかどうかも良く分かりません。ただし、飛行経験は残ります。法律から分かるのはココまででした(ご存知の方がいれば教えてください)。

まとめ

取り消し・停止の具体事例いかがでしたか?

たまたま勉強する過程で具体例を発見した訳ですが僕は「機長になることの意味」を再考するきっかけとなりました。

機長になってから飛行機を下りるまで、事故なく、免許の停止・取り消し、その他のトラブル無く無事に終えれる方は本当に凄いですね!