テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故の分析動画から自分なりの理解を整理

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故の分析動画を見ました。あまりにも有名な事故なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。この動画を集中して見ると、中々に疲れますが一見の価値ありです。

今回の記事では、テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故の自分なりの理解を整理し、まとめました。

「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」の要点整理(事実)

  1. グラン・カナリア空港でテロの発生
  2. グラン・カナリア空港の閉鎖
  3. テネリフェ空港へのダイバート(目的地変更)
  4. テネリフェ空港は休日のためスタッフが通常より少なく、衝突事故を起こすことになる二つの大型機の他にも多くの航空機がダイバート先としてテネリフェ空港を指示された。結果、テネリフェ空港管制官の負荷が通常より高くなっていた
  5. テネリフェ空港の気象条件の悪化
  6. 運行関係者は地上でかなりの時間待たされてストレスフル
  7. 「左席に俺が座っている限り判断は全て俺がする」というスタンスのKLM機長
  8. 定石とは異なる量の燃料を積んだKLM機
  9. テネリフェ空港の気象条件悪化に伴い、管制官は気象条件が完全に悪化する前に飛行機を可能な限り飛ばしたかった。地上で待っていたパイロットも同じ心境
  10. KLM機の機長は操作(チェックリスト、エンジン始動)を一人で行った
  11. 気象条件の悪化に伴い、管制の指示通りに動くことが地上では困難になっていた@パンナム航空(RVR700m)
  12. 管制官は、大型機が旋回できない道への進入を指示をした(見慣れない飛行機で性能を理解していなかった)
  13. 管制許可を受けていないのにKLM機は機長の操作と判断のみで離陸を開始した
  14. パンナム機は管制官にKLM機を止めるよう要請したが、指示は勘違いして理解された
  15. 悪天候(霧)の影響で事故の発生後、状況を把握するのに時間がかかった
  16. KLM機の積みすぎた燃料によってVrに達するまでの時間の増加し、火災も誘発した

「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」から学べること

管制(AirTrafficControl=ATC)の指示違反はとても危険で怖い

ずばりシンプルに。これだけです。他にも色々と書こうと思えば書けますが、私が最もクリティカルと考えるのは「ATCをないがしろにしたこと」だと考えます。

この事故には発生を避けることが出来たタイミングが幾つかあります。中でもATCは最も直接的に事故を避けることができたタイミングの一つです。

問題だったのは、事故に登場する三者(KLM機、パンナム機、管制官)全員が一度かそれ以上、曖昧なATCのやりとりをそのままに何らかの指示・操作を行ってしまっていることです。

たかがATCされどATCとはこのことです。

  1. Aviate
  2. Navigate
  3. Communicate

頭文字を取って’ANC’。パイロットであれば一度は聞いたことがあるかもしれません。これはパイロットがすべき重要な仕事の優先順位を示しています。

最も優先順位が高いのが’Aviate’、飛行機を飛ばすこと、次が’Navigate’、目的地まで辿り着くこと、最後が’Communicate’、つまりは’ATC’を始めとする無線電話によるコミュニケーションです。

最も優先順位が低いことが引き金となり、史上最悪の航空機事故が起きているという事実は知っておかねばならないかもしれません。

現実問題として「’Aviate’も出来ていない、’Navigate’も出来ていない状況で’Communicate’するな」とは教官に言われることではありますが、訓練生という身分だから許されるだけということを深く刻み込まねばなりません。先の’ANC’には一応「優先順位」がついていますが、あってないようなものです。

人が空を飛ぶようになってから100年少し経ち、多くの飛行機が毎日空を飛んでいます。空を飛ぶ他の航空機との’Communicate’も大事にしなければいけませんね。

klm-pan
最新情報をチェックしよう!