これからパイロットの訓練を始める人にオススメする買ってよかったパイロットグッズ3選

自社養成でもなければ航空大学校でもない、そんな方法でこれからパイロットの訓練を始める人。最初は右も左も分からず、色々なものをムダに買ってしまうかもしれません。

そんな方々のために僕が買ってよかった、買ったお陰で訓練が超捗ったぜ、というパイロットグッズを紹介します。ここで紹介するものは実際に全て買っているもので今も使用しているものです。

それでも、好みですので気に入らないものもあるかと思い、購入するに当たって考える必要のある「要件」を各項目でまとめてあります。

フライトバッグ

セスナ、ボナンザ、アローなどなど小型機に持ち込むのに丁度良いフライトバッグって少ないんですよ。実際に訓練を始めれば分かると思うのですが、小型機でパイロットの訓練を開始するに当たって快適に日々使えるフライトバッグに求める要件は次のような感じになります。

  • ヘッドセット専用の独立した収納がある
  • チャート(航空図)を差し込んでおけるポケットが外側についてる
  • 小物入れ用のポケットが充実してる
  • でかすぎず、重すぎないこと
  • 形が良い塩梅であること(真四角とか論外、マチが狭いのも使いづらい)

この条件を満たすのがこれです。超が3つくらいオススメです。似たような製品で条件を満たしそうのはありますが、ドンピシャで良い塩梅のものはこれだけです。ネットサーフィンと実店舗巡りを繰り返した僕が言うので間違いありません笑。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Flight Gear HP Crosswind Bag
価格:9000円(税込、送料別) (2019/1/29時点)

楽天で購入

ハンディ無線機

まず、絶対買った方が良いです。マストバイです。特に訓練初期はめちゃくちゃ使用頻度高いです。何処で訓練を始めようが必ず最初はローカル訓練になり、自分のホーム空港で使用されているATCをそのままパクれるからです。

この分野はピンからキリまであるので意見が分かれる所ですが、パイロットになるための訓練に使うに当たって必要な要件は下記の通りです。

  • 周波数のメモリー機能があること(欲を言えばメモリした周波数を分類できること)
  • デュアルレシーブ機能があること(2つの周波数を同時に聴守できること)
  • 安いこと(一万円以上は出したくない)

それがこれ。使うための学習コストも低い。

ログブックケース

海外で飛行機にパイロット訓練生として乗るにあたって携帯する必要のある書類って結構あるんですよ。ライセンスはもちろんですが、メディカル(身体検査証明)、パスポートなどなど。

ほっとくと管理が煩雑になってきますので、持ち歩く書類を一つにまとめておけるカバン的なものがあると便利です。要件は、下記の通りです。

  • ログブックが入るサイズであること
  • 内ポケットが3つ以上あること

それがこれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ASA MASTER LOGBOOK CASE
価格:4870円(税込、送料別) (2019/1/29時点)

楽天で購入

まとめ

どの商品も挙げた要件通りに類似商品を調べた上で選んで購入し、今も使用している商品なので、心からオススメします。ただ、実際に購入したのはアメリカだったので日本では手に入れにくいか、アメリカで購入するよりも割高になってしまいます。

こういう細かい所の話って、訓練が始まる前に自分で想像するのも難しい箇所なので、参考になれば幸いです。

次は続編として「小物編」を書こうと思います。

Have a good flight!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!