パイロットの職業病(訓練 12 日目)

~ 訓練日記は実際とは時系列を変えています。ご了承ください ~

プロパイロットには幾つかの職業病があるらしいです。

その1つが

なんせ座っている時間が長いので、嘘かホントか、なる人が多いのだとか。

痔の話は一旦置いておいて、医療関係者の方には凄く当たり前の知識を今日は仕入れたので書いておきます。

それは血液の色の話です。私達の体中を駆け巡り、酸素を運んでくれたり、色々な仕事をこなしてくれている血液。どの部位から出る血も同じでしょうか?

いいえ。違います。

動脈を流れる血は私達が想像する鮮やかな血らしい真っ赤。トマトジュースみたいな色です。静脈を流れる血は赤黒です。ぶどうジュースや赤ワインのような色です。医療関係者の方々は色々なツッコミがあるのでしょうが、基本的には、このようになっているようです。

これが分かると何が良いのでしょうか?

例えば先程の痔の例です。痔の影響で出血するとき、赤色であるときは「ただの痔」で済むようですが、これが赤黒になってくると大腸ガン等を疑う必要があるのだとか。。。

恐ろしいですね。

はい。そんなわけで痔にはならないように何か対策を検討中です笑。