何事も準備(訓練 33 日目)

~ 訓練日記は実際とは時系列を変えています。ご了承ください ~

航空業界に限った話ではありませんが、ブリーフィングとデブリーフィングというものがあります。どちらも情報共有の一種であり、航空業界ではフライトの前に行われるブリーフィングを単に「ブリーフィング」、フライト後に行われるブリーフィングを「デブリーフィング」と呼びます。

「ブリーフィング」で共有される情報は様々ですが、予定されるフライトの気象情報や実施操作の注意点などについて情報共有します。

「デブリーフィング」では、実施したフライトにおける問題点や素晴らしい点について振り返るのがメインになります。

二種類のブリーフィングがあるわけですが、その日のフライトを有意義にするために特に重要なのは飛行前の「ブリーフィング」であると考えています。何故ならば、上空に居ることの出来る時間は限られているからです。

限られた時間を有意義にするために行うのが「ブリーフィング」と言い換えることが出来るかもしれません。そして、有意義な「ブリーフィング」を行うために必要なのが準備です。一口に準備と言ってしまうと、乱暴すぎるので少しだけブレークダウンしてみましょう。

  • チェックリストの暗記
  • 操作手順の理解
  • 飛行前の準備(以前、当ブログで書いた内容です)

メインのものでこんな所でしょうか。これらのことを「ブリーフィング」が行われる前までに、地上で準備をしないと練習が練習にならないのですね。

そんなわけで、今日も走りながら、眠る前に、小便をしながら、イメージトレーニングという名の「準備」を進めています。「頑張れば必ず結果が出る」と保証されたものはありませんが、結果を出している人は必ず何処かで頑張っているものですよね。

おりゃー。